仙台放送PRIMENEWSより2018/11月放送


働くスタッフさんの声

家庭料理しか作ったことが無い私にできるのかな?と心配でした。

新保さん

常に勉強熱心でアイディア料理などもたくさん教えてくれます!
いつも明るく笑顔の絶えない素敵なスタッフさんです。

家事代行のBlue-Blueでの
お仕事を選んだ理由は何ですか?

一番は「家事が好き」という理由です。いつだったか家事代行がテーマのテレビドラマを観てなんだか楽しくなってしまい私のやりたい仕事はこれだ(ビビビッ)!ときました(笑)。ドラマが終わるとすぐに家事代行の会社の求人を探していました(笑)。他の会社さんの情報などもたくさんありましたが、Blue-Blueでは「働く女性を応援している」とお話をしてくださったのが最大の決め手になったのかなと思います。

応募しようと思ったとき、
心配に思ったことはありますか?

自分の家事スキルがお客様に通用するのかが心配でした。お料理は好きでも習ったこともないし、調理師などの資格もなく、本当に家庭料理しか作ったことが無い私にできるのかな?と心配でした。

実際にお仕事をしてみて
心配事は解消されていますか?

研修では基本的な動作から学ぶことができ、たくさんの工程で成り立っていることにも驚きました。
不安だったお料理についても細やかなアドバイスなどをしていただいて合格をいただいたので安心してお仕事を始めることができました。

お客様に喜んでいただけることが一番のやりがいです。

家事代行のお仕事でやりがいを
感じるときはどのような時ですが?

お客様に喜んでいただけることが一番のやりがいです。「前回のお料理がとてもおいしかったのでまた作ってほしい」「疲れて帰ってきて部屋がピカピカになっているととても癒されます。」などメッセージをいただいたときはとても励みになりました。

家事代行のお仕事で一番大切に
していることはなんですか?

お客様がお仕事から帰ってきたときに空気が入れ替わってすっきりした空間や季節に合わせたメニューなどを意識して、自分が家事代行を依頼するならこの家政婦さんに来てもらいたいと思えるようなサービスと気配りができるように心がけています。

家事代行のお仕事と今後どのように
関わっていきたいですか?

私にとって家事代行のお仕事は生活に欠かせないものになっています。自分が家事代行スタッフとしてこうなりたいという目標を持ちながら、お客様の生活と気持ちに寄り添っていきたいです。
「お客様の大切な時間」をご提供できるようにこれからも学び、努力して楽しくお仕事を続けていきたいと思います。

私なんかで大丈夫?など不安なことがたくさんありました。

川村さん

いつも積極的にお仕事をしてくださっています!
繊細かつパワフルでいつも頼れるスタッフさんです。

川村さんが家事代行のBlue-Blueへ
応募してくださったきっかけは何ですか?

まだ小学生の子どもがいるので無理なく週1~2回で短時間のお仕事を探していました。
でも理想の条件で仕事ができる場所は本当に少なかったです。
そんな中、Blue-Blueの求人に目が留まり、お仕事内容や働き方が私のライフスタイルにピッタリだったのでお電話しました。

応募しようと思ったとき
心配に思ったことはありますか?

そもそも私の家事力がお仕事になるのかな?ハイレベルな家事を求められたらどうしよう…。という心配や、どんな家事までするの?どんなところに行くの?私なんかで大丈夫?など不安なことがたくさんありました。

お仕事を始めてみて
心配事は解消されましたか?

はい。最初にしっかりとした研修がありましたし、お掃除のポイントや時短テクニックなども学ぶことができました。初めての訪問も本部スタッフの方が同行してくださるので安心して始めることができました。

お客様も自分自身も笑顔でいられるように、楽しくお仕事していきたいです。

家事代行のお仕事でやりがいを
感じるときはどのような時ですか?

私は現在不在宅へお伺いしています。直接お客様とお話する機会がありませんが、お客さまとの連絡ノートに「いつもありがとう」「体調に気を付けて」などのお気遣いメッセージをいただいたときにお客様との繋がりを感じ、嬉しい気持ちになります。直接お会いできなくともとてもやりがいを感じています。

家事代行のお仕事で一番大切に
していることはありますか?

「想像力」です。お客様のニーズに合ったサービスをご提供することはもちろんですがお客様の生活の変化にも合わせて柔軟に細やかなサービスを提供できるように心がけています。

川村さんは家事代行のお仕事と
今後どのように関わっていきたいですか?

料理代行でも活躍できたらいいなと思っています。お仕事から帰ってきたときにお料理ができているって本当にうれしいですよね。お客様も自分自身も笑顔でいられるように、楽しくお仕事していきたいです。